【自宅で介護#7】脳卒中発症時の症状と対応方法 | HOWAGROUP:医療 介護 福祉の豊和グループ

ホーム > 【自宅で介護#7】脳卒中発症時の症状と対応方法

【自宅で介護#7】脳卒中発症時の症状と対応方法

 |  | 

今回は脳卒中発症時の症状と対応方法をご紹介します!

脳卒中は症状の出方に差があり、バットで頭を殴られたような頭痛や意識消失など、症状が強く出る場合と症状の出方が小さく、発症に気づきにくい場合があります。症状が軽くても、後に深刻な状態になり、障害が残る可能性があるので注意してください。

脳卒中を判断するポイント「FAST」について

FASTのF

Fはフェイス顔のFです。顔の片方だけが垂れ下がっているように見える。笑顔を作っても片方の口角が上がらない。このような場合はすぐに救急要請をしましょう。

FASTのA

Aはアーム腕のAです。両腕を体の前に出して目を閉じる。片方の腕が徐々に下がる、または片方の腕だけが上がらない。このような場合もすぐに救急要請をしましょう。

FASTのS

Sはスピーチ話のSです。会話がうまく成立しない。ろれつが回らない。このような場合もすぐに救急要請をしましょう。

FASTのT

Tはタイム時間のTです。血管の詰まりは早期発見なら取り除くことができ、後遺症の状態に大きな影響があります。症状に気づいたら、一刻も早く救急車で専門病院へ行きましょう。

救急隊を呼ぶときに伝える3つのポイント

3つのポイントを伝えれば迅速に対応してもらえます。

1、症状

症状が出始めた時刻、どのような症状が出たか。

2、薬

お薬手帳または、服薬内容を記載したものを渡す。

3、持病

どんな持病があるか?元々不自由なところがあればどこか?

脳卒中は、がん、心臓病に次いで日本における死因の第3位であり、「寝たきりになる原因」の3割近くが脳卒中などの脳血管疾患です。今日お伝えしたFASTを忘れず迅速に対応するようにしましょう!