【自宅で介護#6】ふとんからの起き上がりと立ち上がり | HOWAGROUP:医療 介護 福祉の豊和グループ

ホーム > 【自宅で介護#6】ふとんからの起き上がりと立ち上がり

【自宅で介護#6】ふとんからの起き上がりと立ち上がり

 |  | 

今回はふとんからの起き上がりと立ち上がりをご紹介します!

自力でのふとんからの起き上がり
〜軽度の片マヒ〜

①頭を上げ、ひざを立てる。マヒ側の手はお腹の上に乗せる。

 

②頭を上げ 、ひざを曲げたまま健康な側に寝返る。

 

③ひじをつき伸ばしながら、ゆっくり体を起こす。

 

④ひじが伸びたら手のひらをふとんにつけ、体を安定させる。

自力でのふとんからの立ち上がり

〜軽度の片マヒ〜

①四つんばいになり、健康な側の手とひざで体を支え、マヒ側の足を立てる。

 

②健康な側の手で体を支えながら、健康な側の足を立て、腰を浮かせる。

 

③腰が安定したら体重を手から足に徐々に移し、上半身を起こします。

介助ありでのふとんからの起き上がり
〜重度のマヒ〜

①マヒ側の腕を体の前に持っていき、介助者は健康な側に座る。

 

②マヒ側の肩を支え、頭を起こす。

 

③体を密着させ、介助者が後ろに倒れるようにして、本人の体を起こす。

 

④本人はひじを立てて、体を起こす。

 

⑤本人が正面に向きを変え、座った状態が安定するまで介助者は体を支える。

介助ありでのふとんからの立ち上がりからいすに腰かけるところまで
〜重度のマヒ〜

①いすを手のつきやすい位置に用意する。

 

②本人はいすに手をつき、介助者は腰を支える。

 

③本人はいすに手をついたままひざを立てて腰を浮かせる。

 

④本人が腰を浮かせる時、介助者はひざでお尻を押す。

 

⑤腰が浮いたら安定するまで腰を支える。

 

⑥介助者は腰を支えたまま体を反転させて、いすに腰かけさせる。